• TOP
  • > 使用例
  • > 会議室のPCと天吊りプロジェクタをスリムVGAケーブルで接続

会議室のPCと天吊りプロジェクタをスリムVGAケーブルで接続

導入場所

社内の会議室

導入製品

2L-2530SS

接続図

会議室のPCと天吊りプロジェクタをスリムVGAケーブルで接続

導入前の状況

会議室のノートPCと机上に据置型のプロジェクタを数メートルのVGAケーブルで接続し、ノートPCの画面をプロジェクタからスクリーンに投影していた。

導入の目的

新しくプロジェクタを会議室の天井に設置することになったが、ノートPCの設置台から天井のプロジェクタまでVGAケーブルを敷設するには、ケーブルの長さ、細さ、工事のし易さ、信号劣化に問題が無いこと、などの課題をクリアする必要があった。

実際の導入

30m VGAスーパースリムケーブルの接続経路は以下の通り
【会議室のデスクに設置したノートPCのVGA出力ポート】⇒【床面モール】⇒【壁の内部】⇒【天井裏】⇒【天井吊りしたプロジェクタのVGA入力ポート】

導入のポイント

信号を転送するだけであれば、通常の太さのケーブルで足りるが、スリムを選んだ訳は、

  • 床の上に張ったモール内を通すにはLANケーブル並に細くないと無理
  • 壁や天井の内部を通すにも細いケーブルでないと、作業が困難であると判断

導入後の感想

30mという比較的長距離の延長なので、画質劣化を心配していたが問題無く表示されており満足

サイト内検索

サイトマップ