• TOP
  • > 使用例
  • > MRI映像をMRI室と手術室の24インチモニタに高解像度表示

MRI映像をMRI室と手術室の24インチモニタに高解像度表示

導入場所

病院

導入製品

CDVI-2S : DVI 2分配器

DLD2-30M-DL : デュアルリンクDVIケーブル30m

RP-DDL101 : DVI信号補整器

接続図

MRI映像をMRI室と手術室の24インチモニタに高解像度表示

導入前の状況

MRI装置とPCとモニタを同じ部屋に設置し、MRIデータから生成した画像をPCに取込み隣接したモニタ画面だけで見ていた。

MRI画像を撮った患者さんの手術の際は、画像をプリントして手術室に貼っておいたり、MRI室の画面を見に行ったりしていたが、不便であった。

導入の目的

PC上に保存したMRIデータを、MRI室と同様の大きな画面で手術室からも見たい。

実際の導入

PCのDVI端子から出力した映像をDVI分配器で2分配し、一方はPCサイドの24インチモニタに表示し、もう一方は30mDVIケーブルにより延長し壁面内から天井裏を通して手術室に下ろしDVI信号補整器により信号の補整を行ってから手術室の24インチモニタに接続する。

MRI室と手術室に同じサイズの大画面に高画質映像(1920×1200)を表示出来るようにした。

患者さんのMRI映像をMRI室のモニタに表示させて確認し、同じ映像を手術室に表示し、手術の際に見ながらオペすることができる。

導入のポイント

手術室へ引き回すためのケーブル長は30mが必要であり、しかもデジタルであることを考えると画質劣化のない機器、ケーブルを選定しなければならなかった。

導入後の感想

高精細画像にも関わらず30m延長した先の画面にも、クリアな映像が表示され満足している。

サイト内検索

サイトマップ