• TOP
  • > 使用例
  • > セミナールームのプロジェクタを2台の大型TVにリプレース

セミナールームのプロジェクタを2台の大型TVにリプレース

導入場所

セミナールーム(水処理施設維持管理業・本社)

導入製品

CSC-5500 : マルチフォーマット対応切替器 1台

HM-HQ-15M : HDMIケーブル 15メートル 2本

導入経緯

セミナールームでは100型プロジェクタを設置し、PCから出力した映像を投影していた。

元々、日当たりの良い部屋であることと、プロジェクタ自体の経年劣化もあり輝度が低下したので、大型モニタを使ったシステムにリプレースを考えていた。

外部から様々な講師がノートPCを持ち込んで接続するので、デジタル(HDMI)・アナログ(VGA)いずれの信号入力にも対応する必要があった。

導入ポイント

85インチモニタを前方・やや下がった中間部に50インチモニタを設置し、同じ映像を分配して表示する。2台のTVへの出力はHDMIで統一する。

PCと2台のモニタ間には、CSC-5500マルチフォーマット対応切替器を設置する。

CSC-5500は8台までのHDMI / VGA / コンポジット入力信号をワンタッチで選択できる。

各機器間は、5~15mのロングケーブルを敷設して接続。

導入効果

大型モニタにより映像が明るく見易くなった。

HDMI、VGAのケーブルをあらかじめCSC-5500に接続しておき、持ち込まれたPCに合わせて使うケーブルを選択・接続し、入力ポートをリモコンで選択すればよいので、準備がスマートにできるようになった。

構成図

構成図

【前方メインモニタ:使用時は斜め位置に移動】

前方モニタ

【中間モニタ】

中間モニタ

【ラック内部:CSC-5500は下から4番目】

ラック内部

サイト内検索

サイトマップ