CAT-RS232 延長器

RS232延長器 CAT-RS232

GUNTERMANN
CAT-RS232 製品画像

接続図1

CAT-RS232 接続図1

RS232C信号を最大300m延長可

引き回しの容易なCAT5eケーブルで延長

コンパクト設計

簡単セットアップ(ソフトウェアのインストール不要)

CAT-RS232の特長

シリアル信号を最大300m延長可能

シリアル信号を一般的なCAT5eケーブルで最大300m延長できます

※ ただしネットワークHUBなどと接続し、イーサネット環境での使用はできません

活用事例

RS232通信、タッチパネルの延長、ペンタブレットの延長、制御機器の延長等

コンパクト設計

手の平に収まる程度のコンパクトサイズ

簡単セットアップ

ドライバ、ソフトウェアインストール不要
ケーブルを接続するのみ

延長ケーブルについて

市販のCAT5またはCAT5e(8極8芯ストレートケーブル)で接続可

CAT-RS232の仕様

型番CAT-RS232
CAT-RS232(CPU)
送信機
CAT-RS232(CON)
受信機
メーカーGuntermann & Drunck
コネクタ入力D-sub9ピン ×1RJ-45(8極8芯) ×1
出力RJ-45(8極8芯) ×1D-sub9ピン ×1
LED電源イエロー ×1イエロー ×1
Linkグリーン ×1グリーン ×1
ピンアサインTxD, RxD, RTS, CTS, DTR, DSR, RI, DCD(フル結線対応)
最大延長距離300m
電源仕様DC5V, 1A(付属ACアダプタ) ×2
最大消費電力0.5W0.5W
動作温度5~45℃
保管温度10~55℃
湿度0~80%RH(結露無きこと)
ケース材料メタル
重量120g120g
サイズ(W×H×D)55×24×104mm
無償保証期間1年

CAT-RS232(CPU)、CAT-RS232(CON)はCAT-RS232を構成する一対の製品です
   片方だけの購入、保守はできません

ピンアサイン

Pin信号名内容
1DCDキャリア検出
2TxD送信データ
3RxD受信データ
4DTRデータ端末レディ
5GNDグランド
6DSRデータセットレディ
7RTS 送信リクエスト
8CTS送信可
9RI被呼表示

CAT-RS232の製品画像

CAT-RS232(CPU)送信機 左側面図

CAT-RS232(CPU)送信機 左側面
1. 電源ジャック
2. パワーLED
3. リンクLED
4. RJ-45ポート
リモート側とCAT5ケーブルで接続

CAT-RS232(CPU)送信機 右側面図

CAT-RS232(CPU)送信機 右側面
1. 入力ポート
RS232メス×1

CAT-RS232(CON)受信機 左側面図

CAT-RS232(CON)受信機 左側面
1. 電源ジャック
2. パワーLED
3. リンクLED
4. RJ-45ポート
ローカル側とCAT5ケーブルで接続

CAT-RS232(CON)受信機 右側面図

CAT-RS232(CON)受信機 右側面
1. 出力ポート
RS232オス×1

CAT-RS232のFAQ

延長器のローカル⇔リモート間を、CAT5ケーブル1本で直結するのではなく、ハブ、ルーター、無線LAN等を経由して使うことはできますか?

できません。

ユニット間は必ず、CAT5ケーブルで直結しないと動作しません。

CAT-RS232と組合わせて使うRS232-Cケーブルの「結線判断基準」について説明してください。

接続するシリアル機器によって使用するケーブルを選定してください。

  1. ストレートの場合
    ストレート
  2. クロスの場合
    クロス

CAT-RS232の付属品

CAT-RS232 付属品
  • CAT-RS232(CPU)本体(送信機) ×1
  • CAT-RS232(CON)本体(受信機) ×1
  • RS232ケーブル(1.8m)/全結線・ストレート ×1
  • 電源アダプタ ×2
  • ユーザーマニュアル(英語) ×1
型番小売価格JAN備考
CAT-RS232オープン4580468492570

サイト内検索

サイトマップ