UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+ KVMスイッチ

USB DVI KVMスイッチ(2ポート/4ポート/12ポート) UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+

CONNECTPRO
UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+ 製品画像

2ポート 4ポート 8ポート 12ポート DVI RoHS対応 3年

対応OS

Windows Mac Linux

接続図1

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+ 接続図1

DVI対応KVMスイッチ

USB DDM(Dynamic Device Mapping)テクノロジー搭載

ALL-time Full DDCテクノロジー搭載(EDID保持)

HDCP準拠

ファームウェアアップグレード対応

後継機種 → UD12AP

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+の特長

1組のDVIモニタ・キーボード・マウスから2、4、8、12台のパソコンを切替操作可能

 対応コンソールPC側インターフェース
モニタDVI-D or DVI-IDVI-D or DVI-I
キーボードUSBUSB
マウスUSB
アナログ信号(DVI-A)の入出力には対応しません
  • UD-12+:2入力1出力
  • UD-14+:4入力1出力
  • UD-18+:8入力1出力
  • UD-112+:12入力1出力

USB DDM(Dynamic Device Mapping)テクノロジー搭載

『USB DDMテクノロジー』は、接続したコンソールデバイス(キーボード、マウス、タブレットetc)を各PCに完全にマッピング(対応付け)させる新技術です

この機能によってコンソールデバイスが、あたかも各PCと常に直接接続されている状態を保持することができます

従来のKVMスイッチに搭載されている『エミュレーション機能』とは異なり、HID環境下以外の制御の通信が可能となる為、タッチパネル、ゲーミングキーボード、多機能マウス、ワイヤレスキーボードなどの専用ソフトウェアが必要なデバイスを含め、様々なUSBコンソールを制限なく使用することができます

※ すべての環境および接続デバイスでの動作を保証するものではありません。
タッチパネルや特殊なデバイスとご使用いただく際は、事前にデモ機にてお試し下さい

※ Bluetoothキーボード&マウス「子機」対応はUD-12+、UD-14+に限ります

ALL-time Full DDCテクノロジー搭載(EDID保持)

接続しているモニタのEDID情報を当機に保持し、選択されていないポートに接続されたPCを起動(裏起動)しても、設定した正しい解像度で表示されます

選べる切替方法

  • 前面パネルの切替ボタンによる操作
  • ホットキー操作(キーボードから)
  • リモコン操作 ※ リモコンは別売です( UD-12+, UD-14+ リモコン型番:RC-01, UD-18+, UD-112+ リモコン型番:RC-04
  • オートスキャン切替

HDCP準拠

Blu-Rayディスク等のHDCPコンテンツの再生が可能です

接続するビデオカード、モニタがともにHDCPに準拠していることが前提です

USBハブポート搭載

UD-12+、UD-14+は、2つのUSB2.0ハブポートを搭載
UD-18+、UD-112+は、1つのUSB1.1ハブポートを搭載
USB周辺機器を接続しKVMと同時に切替可能

ホットキーで、KVMの切替と連動しないように設定することもできます
UD-18+、UD-112+のUSB1.1ポートにUSB2.0対応の周辺機器を接続した場合、認識しません

簡単セットアップ

ドライバ、ソフトウェアインストール不要。ケーブルを接続するのみ

高解像度対応

~1,920×1,200
ワイド解像度表示にも対応

ラックマウント対応(UD-14+, UD-18+, UD-112+)

19インチラック(EIA規格)1Uに取付できます

UD-18+, UD-112+: ラックマウント金具は製品に含まれます

UD-14+: ラックマウント金具(RMK-1901)は別売です

ファームウェアアップデート対応

RJ45ポートとPCのシリアルポートを専用ケーブルにより接続し、PCよりプログラムの更新処理できます

対応KVMケーブル

1.8mのKVMケーブルが、UD-12+には2本、UD-14+には4本付属しています

UD-18+、UD-112+には付属しません

DVI-D端子搭載KVMケーブル

DVI-I端子搭載KVMケーブル

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+の仕様

型番UD-12+UD-14+UD-18+UD-112+
メーカーConnectPRO
(コネクトプロ)
パソコン接続ポート数24812
コンソール接続数1
コンピュータ側対応
インターフェース
キーボードUSB
マウス
コンソール側対応
インターフェース
キーボードUSB
マウス
ポート選択方法プッシュボタン、ホットキー、RS232、IRリモコン
パソコン側コネクタキーボードUSBタイプBメス ×2USBタイプBメス ×4USBタイプBメス ×8USBタイプBメス ×12
マウス
モニタ※1DVI-I メス ×2DVI-I メス ×4DVI-I メス ×8DVI-I メス ×12
コンソール側コネクタキーボードUSB Type A メス ×1
マウスUSB Type A メス ×1
モニタ※1DVI-I メス ×1
USBハブUSB2.0 Type A メス ×2USB1.1 Type A メス ×1※2
ファームウェアアップグレードポートRJ45 ×1
ポート選択スイッチプッシュボタン ×2プッシュボタン ×4プッシュボタン ×8プッシュボタン ×12
LEDオンライングリーン ×2グリーン ×4グリーン ×8グリーン ×12
オンラインポート選択時イエロー ×2イエロー ×4イエロー ×8イエロー ×12
オフラインポート選択時レッド ×2レッド ×4レッド ×8レッド ×12
スキャンインターバル5,8,15,20,30秒 任意で設定可能
(初期設定値:5秒)
電源入力セルフパワー
消費電力6W7.5W9W9.5W
最大対応解像度1920×1200@60Hz, DDC2B準拠
動作環境動作温度0~40℃
保管温度-20~60℃
湿度0~80%RH, NC
ケース材料メタル
重量556g1141g1854g1900g
サイズ (W×H×D)165×44×76mm275×44×131mm440×44×178mm440×44×178mm
対応OSWindows XP以降、Linux、Mac OS
対応KVMケーブル DVI-DモデルSDU-06D(1.8m)
SDU-10D(3m)
SDU-15D(4.5m)
DVI-IモデルSDU-06(1.8m)
SDU-10(3m)
SDU-15(4.5m)
対応電源アダプタDC5V, 2A(付属ACアダプタ)
対応リモコンRC-01 (別売)RC-04 (別売)
対応ラックマウントキット-RMK-1901
(別売)
RMK-1902
(付属)
RMK-1902
(付属)
無償保証期間3年
※1
アナログ信号(DVI-A)の入出力には対応しません
※2
USB2.0対応の周辺機器を接続した場合、認識しません

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+の製品画像

前面図

UD-12+

UD-14+

UD-18+

UD-112+

1. リセットボタン
2. IR受光部
3. ポート選択ボタン
4. ホットキー選択スイッチ
5. ホットキー ステータスLED
6. USBハブポート
UD-12+、UD-14+ : USB2.0対応
UD-18+、UD-112+ : USB1.1対応

背面図

UD-12+

UD-14+

UD-18+

UD-112+

1. 電源ジャック
2. ファームウェアアップデート用ポート
3. USBハブポート
UR-12+、UR-14+ : USB2.0対応
UR-18+、UD-112 : USB1.1対応
4. USBコンソールポート
5. DVIモニタ接続用ポート
6. PC側DVI・USBポート

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+のFAQ

EDIDとは何ですか?

EDID(Extended Display Identification data)とは、VESA(Video Electronics Standards Association)が制定した規格です。

EDIDはシンク機器(ディスプレイなど)がソース機器(PCのグラフィックカードやSTBなど)に接続された際に、シンク機器側からソース機器側へ送信される情報です。
具体的にはシンク機器が保有する能力(解像度、周波数)、輝度データ、メーカー名、シリアル番号、投影方法などが含まれます。

この情報を元にソース機器はシンク機器に対して、最適な映像(解像度など)を出力します。

USBデバイス⇔KVMスイッチ間をUSB延長ケーブル(CBL-203D-xxMシリーズ、CBL-203B-xxMシリーズ)を使用して延長したいのですが可能ですか。
例えば、キーボードやマウスをKVMスイッチから10m以上離れた位置に設置して使う場合などです。

サポート対象外の使用方法となります。

実際、PCがUSBデバイスを認識できない場合があります。

一応認識できる場合でもUSBデバイスの挙動が著しく遅延する可能性があります。

PC⇔KVMスイッチ間を専用KVMケーブルの代わりにUSBロングケーブル(CBL-D203-xxMシリーズ)を使用して接続したいのですが可能ですか。
例えば、PC本体をKVMスイッチから10m以上離れた位置に設置して使う場合などです。

サポート対象外の使用方法となります。

実際、PCがUSBデバイスを認識できない場合があります。

一応認識できる場合でもUSBデバイスの挙動が著しく遅延する可能性があります。

UD-18+にタッチパネルを接続しましたが動作しません。対応していないのでしょうか?

UD-18+のみUSB1.1準拠のためタッチパネル非対応となります。
※ すべての環境および接続デバイスでの動作を保証するものではありません

UD-12+, UD-14+と接続される際も特殊なデバイスとご使用いただく際は、事前にデモ機にてお試し下さい

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+の付属品

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+ 付属品
  • UD-12+ or UD-14+ or UD-18+ or UD-112+本体 ×1
  • 1.8m KVMケーブル
    UD-12+には2本付属
    UD-14+には4本付属
    UD-18+、UD-112+には付属しません
  • 電源アダプタ ×1
  • ファームウェアアップデート用ケーブル ×1
    UD-12+、UD-14+のみ付属
  • ラックマウント金具 ×1セット
    UD-18+、UD-112+のみ付属
  • ユーザーマニュアル(英語) ×1

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+のホットキー

UD-12+ / UD-14+ / UD-18+ / UD-112+ ホットキー一覧表

当機のホットキーは、初期設定の[Ctrl]以外に、[Shift]、[Scroll Lock]、[Caps Lock]のいずれかのキーに指定することもできます。

[ホットキー]を2回押す組合せキー動作内容
[1]~[8]ポート1~8に切替わります
[A]~[F]ポートA~Fに切替わります ※ UD-112+のみ
[Z]切替音のON / OFFができます ※ 初期設定値=OFF
[S] [1]オートスキャン開始(スキャン間隔=5秒) ※ 初期設定値
[S] [2]オートスキャン開始(スキャン間隔=8秒)
[S] [3]オートスキャン開始(スキャン間隔=15秒)
[S] [4]オートスキャン開始(スキャン間隔=20秒)
[S] [5]オートスキャン開始(スキャン間隔=30秒)
[H] [1] [P] [任意のポート]# 1のUSB HUBポートの動作を任意のポートに固定します
[H] [2] [P] [任意のポート]# 2のUSB HUBポートの動作を任意のポートに固定します
[H] [0] [P] [0]USB HUBポートの設定をリセットします
数値入力は、テンキーからは無効です

UD-12+|UD-14+|UD-18+|UD-112+の関連製品

UR・UDシリーズ専用ラックマウントキット

UR・UDシリーズ

UR・UDシリーズ専用ラックマウントキット+ケーブルサポート金具

UR・UDシリーズ

UR・UDシリーズ専用リモコン

RC-01

UR・UDシリーズ専用リモコン

RC-04

専用KVMケーブル(DVI-I)

SDU-xxシリーズ

専用KVMケーブル(DVI-D)

SDU-xxDシリーズ

ConnectPro製品専用ケーブル

CRJ45-DB9F-5
型番小売価格JAN(UPC)備考
UD-12+オープン06414581787072018年2月 販売終了
UD-14+オープン4571106804657
UD-18+オープン0641458178868
UD-112+オープン0641458178721

サイト内検索

サイトマップ