EM-EDID4K EDID/HDCP関連機器

4Kフルスペック対応HDMI EDID信号保持器 EM-EDID4K

HYPERTOOLS
EM-EDID4K 製品画像

接続図1

EM-EDID4K 接続図1

接続図2

EM-EDID4K 接続図2

4K対応HDMI EDID信号保持器(エミュレータ)

最大対応解像度:~3840x2160@60Hz(YUV444)

29パターンの中から最適なEDID設定を指定

HDCP2.2/1.4準拠

EM-EDID4Kの特長

4K対応HDMI EDID信号保持器(4K対応エミュレータ)

接続されたモニタに最適なEDIDを設定し保持することで、常時安定した画面表示を実現します

電源切断時にも内部に情報を保存し、電源投入後に保持した情報を出力

EDIDを正しく取得できないことに拠るトラブルを解消

ソース機器(PC、BDレコーダ/プレーヤーetc)とシンク機器(モニタ、TV、プロジェクタ etc.)の間に、例えばモニタ延長器・モニタ切替器・KVM(コンソール)延長器・KVM切替・変換器などの機器を介すことで生じるEDID信号の誤認識による表示の問題解決

関連機器の電源再投入時に生じるEDID信号の認識漏れなどを防止

EDID未対応モニタとの接続時の表示のズレを回避

4K2K@60HZ[4:4:4] etc. ハイスペックな信号をサポート

18Gbps伝送帯域信号による4Kフルスペック映像、4K2K@60Hz[4:4:4]などにも対応

EDID、オーディオ、HDCP の各種設定をDIPスイッチで簡単選択

NO. EDID DIP解像度リフレッシュ
レート
0--0000800×60060Hz
1--00011024×76860Hz
2--00021280×72050Hz
3--00031280×72060Hz
4--00041280×76860Hz
5--00051360×76850Hz
6--00061360×76860Hz
7--00071280×80060Hz
8--00081280×102460Hz
9--00091440×90060Hz
10--000A1440×105060Hz
11--000B1600×90060Hz
12--000C1680×105060Hz
13--000D1600×120060Hz
14--000E1920×1080i50Hz
15--000F1920×1080i60Hz
16--00101920×1080p24Hz
NO. EDID DIP解像度リフレッシュ
レート
17--00111920×1080p30Hz
18--00121920×1080p50Hz
19--00131920×1080p60Hz
20--00141920×120060Hz
21--00154K2K30Hz
22--00164K2K60Hz
23--0100CLONE
24--01011920×1080P 5.1CH
25--01021920×1080P 7.1CH
26--01034K2K@30 5.1CH
27--01044K2K@30 7.1CH
28--01054K2K@60 5.1CH
29--01064K2K@60 7.1CH
30-0----2CH Audio Extract
31-1----DVI mode
320-----HDCP1.4
331-----HDCP2.2

設定例
EM-EDID4K DIP設定

解像度・周波数・オーディオチャネルのEDID設定

①CLONE(クローン)モード設定

接続したシンク機器(モニタなど)から解像度、周波数、オーディオチャネルのEDIDデータを自動取得、内部に保持します

②29のプリセット(プログラム)モード設定

29種類の既定プログラムから、最適な解像度/リフレッシュレートに設定可能
CLONEモードにてEDIDデータを取得できない場合にも有効

オーディオ [抽出:デエンベデット ⇔ 埋込:エンベデット]の設定

①抽出(デエンベデット)モード [2CH Audio Extract]

HDMIポートから入力された音声信号は、HDMI/オーディオ/SPDIFの3ポート全てにデエンベデット(抽出)出力されます
但し、オーディオ/SPDIポートから出力される音声信号は2chのみとなります

また、オーディオポートから入力された音声信号は、いずれのポートからも出力されません

②埋込(エンベデット)モード [ DVI Mode]

オーディオポートから入力された音声信号は、HDMIポートから入力された映像信号と共にHDMI出力ポートにエンベデッド(埋込)出力されます

オーディオポートから音声信号の入力が無い場合、HDMIポートから音声信号は出力されません
また、HDMIポートから入力された音声信号は、いずれのポートからも出力されません

HDCP [1.4 ⇔ 2.2] の設定

HDCP1.4 ⇔ HDCP2.2のいずれかを、ソース機器から出力されるHDCP(著作権保護)信号の種類に合わせて選択します
HDCP信号が含まれない場合、いずれに設定しても問題ありません

ロック機構によりケーブルの脱落、接触不良を防止

スクリューロック式コネクタにより電源ケーブルの差込を固定

SupraLok対応のHDMI入力/HDMI出力ポートによりHDMIケーブルの差込を固定可
 (対応HDMIケーブル+SupraLokが別途必要)

EM-EDID4Kの仕様

型番EM-EDID4K
メーカーハイパーツールズ
コネクタ入力HDMI 19ピン TypeA メス ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
出力HDMI 19ピン TypeA メス ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
光デジタル音声 メス ×1
電源電源ジャック ×1
スイッチリセットプッシュボタン ×1
EDIDDIPスイッチ ×1
LED電源/デフォルトEDID(プリセット)グリーン ×1
クローンEDIDオレンジ ×1
最大解像度 4K2K@60Hz
HDCP2.2準拠
電源入力セルフパワー
電源仕様DC5V, 2A(付属ACアダプタ)
最大消費電力1W
動作温度0~40℃
保管温度-20~60℃
湿度0~80%RH, 結露なきこと
ケース材料メタル
重量235g
サイズ(W×D×H)85×87×28 mm
無償保証期間3年
Digitogo社製造

EM-EDID4Kの製品画像

前面図

EM-EDID4K 前面
1. DIPスイッチ
5個: 0⇔1 選択
1個: 0~9, A~F ロータリー式
2. 入力ポート
HDMI ×1
HDMIケーブルを介しソース機器(プレーヤなど)に接続
3. 入力ポート
3.5mmステレオオーディオ ×1
オーティオケーブルを介しソース機器(PCのステレオ音声など)に接続
4. 電源ジャック
電源ケーブルを接続しスクリューロック

背面図

EM-EDID4K 背面
1. メンテナンスポート
ミニUSB ×1
Mini USBケーブルを介しPCと接続し、内部プログラムを更新時に使用(稼働時には使用せず)
2. 出力ポート
光デジタル音声端子 ×1
SPDIFケーブルを介し対応するオーディオ機器に接続
3. 出力ポート
HDMI ×1
HDMIケーブルを介しシンク機器(モニタなど)に接続
4. 出力ポート
3.5mmステレオオーディオ ×1
5. LED
ACTIVE: データ転送時に点灯
HDCP: HDCPデータ転送時に点灯
LINK: モニタ表示時に点灯
POWER: 電源ON時に点灯
6. SETボタン
リセット機能
DIPスイッチの設定変更後、設定を有効にする際に押す

EM-EDID4KのFAQ

EDIDとは何ですか?

EDID(Extended Display Identification Data)とは、VESA(Video Electronics Standards Association)が制定した規格です。

EDIDはシンク機器(ディスプレイなど)がソース機器(PCのグラフィックカードやSTBなど)に接続された際に、シンク機器側からソース機器側へ送信される情報です。

具体的にはシンク機器が保有する能力(解像度、周波数)、輝度データ、メーカー名、シリアル番号、投影方法などが含まれます。

この情報を元にソース機器はシンク機器に対して、最適な映像(解像度など)を出力します。

類似製品との違いを教えてください

HDMI対応の関連機種の比較は、下記の通りです。

型番EM-EDID4KTMDS-EDIDEXT-HD-EDIDPN
メーカーハイパーツールズCONNECT PRO
(コネクトプロ)
GEFEN
(ゲフィン)
最大解像度4K2K@60Hz1920×1080@60Hz1920×1200@60Hz, 1080p
プリセットEDID29種類15種類6種類
オーディオポート--
SPDIFポート--
SupraLok-
ユーザプログラム保存--
サイズ
(W×D×H)
85×87×28mm70×103×27mm68×46×33mm
重量235g113g80g
無償保証期間3年2年2年

EM-EDID4Kの付属品

EM-EDID4K 付属品
  • EM-EDID4K 本体 ×1
  • 電源アダプタ(ケーブル長1.8m) ×1
  • 電源ケーブル 0.9m ×1
  • ユーザーマニュアル(日本語) ×1
型番小売価格JAN備考
EM-EDID4Kオープン4711667470575

サイト内検索

サイトマップ