• TOP
  • > 使用例
  • > 「工場のタッチパネル」と接続するPC本体を、60m離れた事務スペースに設置・操作

「工場のタッチパネル」と接続するPC本体を、60m離れた事務スペースに設置・操作

導入製品

EOC-KVMUSA1 : RS232 / AUDIO対応USBコンソール延長器

導入場所

工場内のライン~事務室

接続図

工場のタッチパネルと事務スペースのPC本体を60m話して設置、操作

導入前の状況

生産ライン近辺にタッチパネル(VGA+USB)を設置し、ラインの管理情報を画面に映し出して参照していたが、現場にPC本体も設置することは"場所の温度、湿度、振動、埃、油脂"による障害が懸念され不安を抱えての稼働状況であった。

導入の目的

PC本体をクリーンな事務室に設置し安定した環境で稼働させ、タッチパネルのみを工場内に置くことで、省スペースと同時に安定したシステム稼働を実現したい。

実際の導入

タッチパネルとPC間の距離は直線的には20~30m程度しか離れていないが床、壁、天井の然るべきルートで配線すると約60mのLAN(CAT5)ケーブルが必要であった。

導入のポイント

  • LAN(CAT5)ケーブルはケーブル自体が細く(直径5mm以下)、曲げ半径も小さく、かつコネクタも小さいので、敷設作業は容易であった。

弊社よりコメント

工場のラインに近接してPCを設置するにはいわゆるFA用PCがありますが、オフィス仕様の一般のPCに比べ、コスト高で予算が厳しい、機能に制約があり少し物足りない、などの問題もあります。
操作卓(コンソール)のみを現場に置き、PC本体はオフィス環境に置いて稼働させるのが今回のソリューションです。
工場のみならず、応用範囲の広い使い方であると言えます。

サイト内検索

サイトマップ